マンションでの子供部屋を模様替え

春と言えば桜のシーズンですが、それと同時に進級・進学の季節でもあります。そこで子供部屋の模様替えを検討している方も多いのではないでしょうか?

しかし、いざ模様替えをしようとしても、意外に思うようにいかないことが多々あるのです。子供部屋の家具の配置に大きく影響を与えるのが、窓とエアコンの位置なのです。子供部屋の模様替えの前に窓やエアコン、家具の位置関係を確認しておくことが必要なのです。

そもそも春休みは、新しい学年に進む前に古い教科書や持ち物を整理して、新学期から使用する新しい学用品や教材などを受け入れる準備をしなくてはならないのです。さらには、子供の成長に合わせて勉強机や本棚、ベッド等の新しい家具を購入する時期でもあるのです。

子供の成長により、生活実態と部屋とがアンバランスに感じてきたら、ぜひ気候のよいこの春休みに、前年度の整理整頓を兼ねてお子様と一緒に模様替えをしてみてはどうですか。

大きな模様替えをするきっかけは一般的に、新しい家具が増えたという物理的な理由が大半なのですが、その他に、個室で勉強や就寝ができるようになったなどの子供の成長によるものや、兄弟が増えた、性別の異なる子供同士の部屋を分けるといった家族の事情によるものなどいろいろ考えられます。いずれにしても子供の居場所として安全で、成長を助けてあげられるような環境作りをしてあげて下さい。

子供部屋の模様替えをする時に気を付けたいことは、窓とエアコンの位置関係なのです。一般的に部屋には窓がたくさん付いている方が明るく風通しも良い部屋とされていますが、実はそのような部屋ほど家具配置がうまくいかなかったりするのです。

部屋に付いている窓が、腰のあたりから上についている腰窓であれば、窓の手前に背の低い家具を置くことが可能なのですが、バルコニーに面した掃出し窓は、出入りするために前面にスペースが必要ですからもちろん家具が置けません。そのようなことから子供部屋の確保も間取りを考えて行うことが大切なのです。

カテゴリー: マンション, 子育て, 部屋   タグ:   この投稿のパーマリンク