子供が産まれて初めて分かる生活の変化

独身時代やDINKS時代に買ったマンション。最初は便利と思っていても、いざ子供が産まれてみると、実は結構住み心地が悪く感じるのです。子供がいない時代では、どのくらい自分自身の生活やスタイルが変化するのか全く予測できないのです。その結果、生活は超激変し、不自由な日々を過ごすことになるのです。

将来子供を持ち、ある程度子供が大きくなるまでは同じ場所に住み続けたいと考えている方に対して、失敗しない家選びをして、子育てを楽しく、快適に過ごせるマンション選びについて考えていきます。

ところで、まず子供が産まれると生活のいったい何が変わるのでしょうか?日々忙しく働き、仕事やプライベートが中心の生活を送っているとなかなか想像できないものなのです。まず大きく変わるのが、とにかく自由に外に出られないということなのです。特に、出産後しばらくの間、退院して1ヶ月はなるべく外に赤ちゃんを出さないよう病院から指示されるのです。つまり、他に面倒みてくれる人がいない限り、ママも外に出られないことになるのです。生まれたばかりの赤ちゃんは外部の刺激やばい菌に対して非常に抵抗力が弱い状態にあるのです。

このたかが1ヶ月ですが、健康な人にとっては軟禁状態にあったような気になります。この状況で家の中も狭くて、気分転換できるスペースや楽しめることがないと、下手をすると鬱病に近いものになる恐れがあります。

さらに外に出られないということは、買い物も、もちろん散歩もできないのです。新生児が産まれると、ミルクやおむつといったさまざまなものが大量に必要になってくるのです。また手伝ってくれる人がいないとなると大変なことになります。そこで、役に立つのがインターネットなのです。インターネットがあれば、家まで配達してくれるネット販売がありますので大変重宝しますし、楽しみを見つけることができ、気分転換にもなります。

カテゴリー: マンション, 子育て   タグ:   この投稿のパーマリンク